本当にどうでもいいメモなどをたまに書く程度。

DM&P EBOX-3310A-JSK で遊んでみた

日付:

ある意味シンクライアントのような、用途を限った極小 PC といった感じの EBOX。

  • DM&P EBOX-3310A-JSK
  • CPU Vortex86DX 1GHz
  • メモリ DDR2 512MB オンボード
  • ストレージ なし

Vortex86 というマイナー CPU 搭載機を使ってみたくてヤホオクソンで購入。
売り手は結構な数を所有しているようで、落札履歴を見るといくつも出てくる。


消費電力の小ささが特徴的で、ワットチェッカーで見る限り 10W。昨今のスティック PC ならもっと小さいが、発売時期を考えればかなりのものと言うべきだろう。
比例してというか処理能力はやはり低く、同じ 1GHz でも Via Nano U3500 より体感的に遅い印象。
CrystalMark の数字を見ても、同クロックの VIA C3 に ALU でやや劣り FPU は半分以下といったところ。VIA 同士でも C3 と Nano では同クロックで性能差があるので、Nano より遅いと感じたのは間違いではなかったようだ。
Atom 230 1.6GHz と比べると ALU は 1/4 以下、FPU は 1/8 以下というスコアで、色々パワー不足は推して知るべし、いや体感できる(笑)。
金属筐体で天板がヒートシンクなので、ファンレスでも冷却能力は安心できそうだ。

メーカーサイトでは 600MHz と書かれているが、実際 1GHz で動いている。
メモリはオンボードで増設できないので、512MB を前提にソフトウェア面を考えることになる。


ストレージのインターフェイスとしては44ピン IDE ポート (オス) があり、さらに CompactFlash、microSD(HC) のスロットがある。
メーカーサイトの記述ではあくまで「IDE DOM support」なので、本来は IDE DOM (Horizontal) を使うべきなんだろう。
DOM ではない普通の IDE ストレージデバイスを使うには、メスメスケーブルが必要。筐体内のスペースが狭いので、長い方より短い方が向いている。
ヤホオクソンの出品ページでは「2.5インチストレージ内蔵可能」と書かれていたが、内蔵はあまり現実的ではないと思われる。「入った」というより「無理矢理押し込んで入れた」になりそう。 基板自体は筐体の高さ的に中央ぐらいにあるので押し込めば入りそうではあるが、基板下面にも色々ケーブルが生えているので押し込むのも結構きついように思われる。
mSATA-IDE 変換基板 (half slim) で mSATA SSD を使えることは確認した。
CF、microSD ともに挿入したカードは IDE HDD として認識されブートも可能なので、カードが余っていればその方が手っ取り早い。


Vortex86DX CPU は i586 互換だが i686 非互換で、OS の選択肢は結構限られてくる。
たとえば Debian stretch や Alpine は i686 非互換で NG。64bit はもちろん非対応なので Arch 等も当然 NG。Debian jessie はインストール中にパッケージの展開が失敗したり、Gentoo は emerge が Segmentation fault するといった感じで、全体的に Linux は動作不安定。
またビデオが 1920x1080 に対応していないようで、GUI 使用もあまりうれしくない。
FreeBSD は安定動作したので、これを採用。

現在は事務所のインターネット接続 (J:COM) の死活確認を外からできるようにするためのミニサーバーとして運用中。
ストレージは UMAX の 8GB microSDHC カードを採用。


(2018/06/29 追記)

FreeBSD 11.2-RELEASE が出たので freebsd-update upgrade -r 11.2-RELEASE したのだが、時間かかりすぎてつらい。晩飯後に実行したけど全然終わらないので途中で寝た。

comments powered by Disqus