本当にどうでもいいメモなどをたまに書く程度。

問屋街 (Tシャツ通販会社) の謎

日付:

問屋街というTシャツの通販業者がある。

私は GLIMMER のスーパーヘビーウェイトTシャツ (Tシャツ自体がぶ厚く重いという意味。私の体重の話ではない。まあ体重もかなりヘビーだが……) を愛用していて、安かったので利用したことがあった。
このたび再度利用したところ、どうも納得いかねえことが起きたので書いておく。

時系列順に。

  • 11/05 08:56 注文
    自動応答のメイルが届く。

  • 11/05 08:58 振込
    通常なら 11/06 には発送になるはずである。また在庫連絡が来るはずである。
    ※問屋街サイト下部の説明を引用しておく。

商品の発送は昼12時までのご注文で翌日発送、 12時以降のご注文は翌々日の発送になります。 銀行振込みの場合も12時までのご入金で翌日発 送12時以降のご入金は翌々日発送になります

  • 11/10 17:19 品物も連絡もないので電話
    「『注文した商品の一部に欠品があり、入荷が 12/02 である』旨、11/05 にメイル送信した」との説明 (だがそんなメイルは届いていない)。
    さすがに1ヶ月も待てないのであるものだけ先に送るよう求めたところ、出荷可能品を 11/11 に発送ということになった。

  • 11/12 品物到着
    『入荷が 12/02 であるという欠品分』も同時に届いている。

重要点はこれだ。

  • 欠品があり発送が遅れるとのメイル連絡は、先方はしたと主張しているが、私には届いていない。
  • 欠品分以外をすぐ送るよう求めたところ、12/02 入荷予定という欠品分もすぐ届いた。

最大限良い方に解釈すれば、メイルは送られたが経路上もしくは Gmail のフィルターで消えており、欠品分は通常ルート以外で急遽調達したものと考えることもできる (でも「迷惑メール」フォルダーにも入ってなかったけどなあ)。

悪く解釈すれば、欠品があったわけではなく処理が遅れた (もしくは見落とし) のを欠品と言い訳した、ということになる。

実際はどうなんだろうなあ。

comments powered by Disqus