本当にどうでもいいメモなどをたまに書く程度。

Amazon e託 の Excel 2003 XML 形式データが Excel Viewer 2003 で開けない

日付:
タグ:

※この記事に関する訂正を後日の記事で行っています。


Amazone託 ってのを仕事で使ってみている。

これはとにかく徹底的に Amazon 側のやり方にあわせなくてはいけないシステムで、たとえば請求書は Amazon 側が作った Excel 2003 データ (XML だけど拡張子は xls) をプリントアウトして押印、郵送しなくてはならない。

普段あまり Excel 系アプリケーションを使わない私は、メイン PC には

を入れているのだが、まず Gnumeric では完全に読めない。
Go-OO では拡張子を xml に変更してやると開けるのだが、日付が狂う。

しかたないので Excel Viewer 2003 を入れたのだが、

この種類のファイルは、Microsoft Excel Viewer では開けません。

とおっしゃる。
使えねえ。

じゃあ最近流行りの SaaS はどうか。

救世主は意外なところにいた。
KINGSOFT Office 2010 である。
普段なら「キングソフト? (笑)」ってな私だが、こいつには驚いた。
数値等はいっさい崩れていない。ただし書体が変わってしまうので、その点だけは注意する必要があった。

まとめるとこんな感じ: (×は開くことすらできないものを示す)

アプリケーション
可否
備考
Gnumeric ×
Google ドキュメント ×
Microsoft Excel Viewer 2003 × これじゃ Viewer の意味がない。
Microsoft Office 2007 当たり前。
OpenOffice.org (Go-OO) 日付が狂う。
ThinkFree てがるオフィス ×
KINGSOFT Office 2010 書体だけは変わってしまう。

KINGSOFT Office 2010 の意外な (失礼) 健闘が印象的。
これなら買ってもいいかと思って調べたら、よくわからん価格の逆転現象が起きている。

なんでダウンロード販売の方が高いんだろうか。
CD-ROM 版なんか参考価格からしてダウンロードより安い。
意味不明すぎる。

comments powered by Disqus