本当にどうでもいいメモなどをたまに書く程度。

松江城、ぢげもん、美保神社

日付:
タグ:

6、7日は祖父母と過ごし、今日から観光。

松江駅前の一畑トラベルサービス縁結びパーフェクトチケットを購入。
名前は非常に困ったものだ (まるで俺が嫁さん欲しくてしかたないように見えるじゃないか) が、これは松江・出雲の観光に最適な代物で、一畑電車、松江市内の一畑バス松江市営バスぐるっと松江レイクラインバス、ついでに出雲空港・米子空港への連絡バスまで含めて3日間乗り放題で3000円と素晴らしい内容なのである。

レイクラインは松江市内 (平成の大合併以前の旧松江市内と言うべきか) の観光名所を回るバスで、有名どころはこれに乗っていけばだいたい行ける。この一日乗車券は500円、それが3日分。
出雲大社に行けば松江しんじ湖温泉駅から出雲大社前駅まで片道790円、往復1580円。一畑電車の一日乗車券は1500円、それが3日分。
美保神社に行くことも考慮すれば、片道が一畑バス730円+美保関町民バス200円だが、このうち一畑バス分は乗り放題に含まれる。
今回の私の滞在期間は残り2日だが、3000円分はあっさり元が取れるというものだ。

さて城好きとして天守が現存する松江城をはずすわけにはいかない。
うっすらと雪化粧の松江城。

松江城 Matsue Castle

(写っているチケットは割引料金のもの)

冬の山陰だからあまり客はいないのだが、無料で見学できる櫓を掃除しているおばちゃんや、通路を雪かきしているおじいさんが何人もいて、嘱託か、金かかってんなあ……と思っていたら、雪かきはボランティアの人らしい。ありがたいことです。

100名城スタンプは天守内の受付。

今回はあまり時間がないので武家屋敷や小泉八雲旧居などはスルー、前にいた会社の店、ぢげもんを訪問。
内食傾向の世間で普段よりちょっとうまいもん欲しいって時に向いてるものを、島根県内産で集めている感じ。
しばし談笑。大社でおすすめのそば屋を聞いておいた。

次いで美保神社へ。バスの移動時間が片道1時間以上になってしまうので、なかなか大変だ。
「大社だけでは片詣り」と言われ、大国主の息子、国譲り神話で国譲りを承知した事代主を祀る美保神社には、是非とも一度は、と思っていた。
雨天で寒く、美保神社入り口バス停で降りたのは私1人だったが、神社に入ってみると車で来ているらしき参拝客がちらほら。

美保神社 Miho Shrine

(写真が激しく斜めになってるなあ……)

多客期には営業するのであろう焼きイカ屋台はことごとく無人。売店ではイカを売っていたが、痛風持ちとしては遠慮せざるを得ない(苦笑)。

参拝はあっさり終わり、帰りのバスまでは1時間ほどあるので、周囲を散策。路地は青石畳を意識した舗装になっている。
灯台まで行くと帰りがさらに次のバスになり、周囲が暗くなりそうなので断念。

comments powered by Disqus