本当にどうでもいいメモなどをたまに書く程度。

Wyse 3030 N03D シンクライアント (3290)

日付:

ヤフオクに2台で1000円 (送料を含めると2000円弱) という超特価で大量出品されていたもの。
メモリなし、ストレージなし、AC アダプターなしでの出品であるせいか、特価なのに入札者が少なかった。まだ大量に出ている。

  • Wyse 3030 N03D
  • CPU : Intel Celeron N2807 1.6GHz (2コア)
  • メモリ : DDR3L SO-DIMM 1スロット (元は 4GB らしい)
  • ストレージ : mSATA mini (元は 16GB らしい)

AC アダプターは 12V 5.5/2.5mm。電流容量は 1A で足りるはずだが、2A ぐらいが安心かな。手元に転がってるという人も多そうだ。
我が家には (他機付属のものを除いて) 4台あった。
持っていなくても、AliExpress でも200円以下で買える (到着まで日数はかかるが)。

メモリは DDR3L SO-DIMM で上限は 4GB (Celeron N2807 の上限)。出荷時にすでに最大量を搭載しているわけだ。
私は中古でメモリなしだったので、とりあえず 2GB をつけた。

ストレージは mSATA mini (JEDEC MO-300B) SSD。miniPCIe ハーフサイズと同じ縦横の mSATA SSD で、普通の (フルサイズ) mSATA は長さ方向でヒートシンクに干渉するため装着できない。
これの調達が本機活用にあたって最大のネックになると思われる。
AliExpress の最安値は Goldendisk の 8GB だが、もう少し出せば KingSpec の 64GB になる。悩ましい。
とりあえず注文して現在到着待ち。

ストレージ到着待ちなので Memtest86+ ぐらいしかしていないが、動作中で 6~7W。AC アダプターをあやしい中華 AC アダプターに交換すると動作中で最大 8W (ワットチェッカー実測)。1W の差は AC アダプターの発熱と思われる。中華の方が熱い。


内部へのアクセスは、背面のネジ3個をはずして、製品情報タグが入っていない側の側面パネルを開ける。
前面側がヒンジで背面側が開くようなイメージで、背面側を手前にして本を開くように左右に開くと言えばいいか。結構固いので不安になるかも知れないが、思い切って開ける。勢いがつきすぎるとスピーカーのケーブルが抜けるが、挿し直せばいい。

閉める時はまず前面側を深めに入れて、背面側を押し込んでいく。
こうしないと側面パネルの前面側が浮く。
実際に私が購入したものは、2台とも側面パネルの前面側が浮いた状態で到着した。


(2020/07/08 追記)

別の出品者からもう2台落札してしまった。2台あわせて送料込1000円足らず。
状態は先の2台と同様で、メモリ、ストレージ、AC アダプターがない。
こんな値段で落札できてしまうのは、用意しなくてはならないものが多いからだろうか。
トータル3000円弱で4台手に入ったことになる。

側面パネルの全面側は、やはり浮いていた。


(2020/07/22 追記)

Debian を入れて idle 状態で 3~4W。CPU 1コア 100% 使用状態で 5~6W。

comments powered by Disqus